【ドライマウス】口腔内の乾燥は唾液の分泌量を増やすことで改善できる

唾液カレッジ - 歯に良い作用や働き・少ない人のための増やす方法
トップへ戻る
  • 唾液カレッジトップへ
  • 唾液の働き
  • 唾液が少ない人
  • 唾液を増やす
  • 唾液と虫歯
  • 唾液と歯周病
  • 唾液と口臭
  • サリバテスト
  • ドライマウス
  • 唾液による感染

お口の悩みはインプラント京都デンタルケアへ、経験豊富な歯科医師が直接治療と関係ないと思われることでもシッカリと相談に乗ります。

【ドライマウス】

ドライマウスの予防と改善は虫歯や歯周病の予防につながる

ドライマウスで乾燥した口の中には虫歯菌や歯周病菌が暴れまわる準備をしています。ドライマウスを予防すること・改善することは、口の中を潤し、そのまま虫歯や歯周病の予防につながるのです。

ドライマウスの定義

ドライマウス、日本語では口腔乾燥症といいます。その名のとおり、口腔内が乾燥する疾患を指しており、歯科領域の疾患です。

口腔内の乾燥を覚えればドライマウス

口腔内が乾燥するとしても、必ずしも歯科的な原因があるとは限りません。しかし、症状が出ている以上はドライマウスとして扱います。

ドライマウスの原因

ドライマウスの主要な原因は唾液の分泌が低下することです。唾液の分泌が低下する原因も含めてドライマウスの原因を考えると概ね以下のものがあります。

  • ストレス
  • 加齢
  • 喫煙
  • 薬の副作用
  • 糖尿病などの全身疾患
  • 口呼吸
  • 唾液が出にくい食生活

薬は意外と口の渇きを誘発するものが多いので心配になるところですが、多くは飲んでいる間だけでおさまります。しかし、症状の出方次第では服用中止の必要もありますので、担当医に相談してみましょう。

ドライマウスの諸症状

口が渇くことにより、様々な症状を引き起こします。

  • 虫歯
  • 歯周病
  • 口臭
  • 口内炎
  • その他

これだけでも単なる口の渇きと楽観してはいられないことがわかります。

ドライマウスの治療法

原因に応じた治療を施す必要がありますが、下記の例のとおり他の疾患の治療以外では生活習慣の改善や症状を抑えるものが主になります。

  • 原因となる病気の治療
  • 原因となる薬剤の処方量調整と処方中止
  • 唾液分泌促進剤の処方
  • 飲酒喫煙の見直し
  • 唾液分泌促進マッサージ
  • 食生活の改善
  • 保湿剤の使用

ドライマウスは予防できる

治療法の多くはそのまま予防法としても有効なものです。生活習慣の改善などはいろいろな病気の予防改善策にもなるものですから積極的に行うべきです。

口呼吸は健康の大敵

ドライマウスの原因の一つである口呼吸ですが、想像以上に増えているようです。口呼吸は分泌された唾液を乾かしてしまうので、唾液の分泌が低下した状態をつくることになり、口腔内の環境が悪化するのも当然といえます。

また、口には鼻のようなフィルターがないため、悪いものもそのまま体内深く取り込んでしまいます。人間は鼻呼吸が一番適した呼吸法の筈ですから、口呼吸は特別な場合以外しない方が良いでしょう。意識して口呼吸から鼻呼吸への転換を図りましょう。


以上みてきたように、ドライマウスの状態は虫歯や歯周病を引き起こす状態でもあります。ドライマウスの予防改善と虫歯歯周病予防はお互いに効果をもたらします。是非、予防に励んでください。


Copyright (C) 2014 唾液カレッジ All Rights Reserved.